永井荷風「踊子」

所謂堅気ではない女性を描いて一世を風靡した永井荷風の典型的な作品の一つ。荷風は昭和10年頃から浅草に通い六区の劇場に入り浸っていたといわれているが、時代の風俗や女達をリアルに見つめる姿勢が文章の端々に伺える。戦争も激しくなった昭和19年にこのような作品が書かれたことも彼の個性が伺える。
出版されたのは戦後昭和21年。
サンプルをお聞きいただけます。

サンプルを聞く

朗読  安原 義人
原作  永井 荷風
演出  香西 久
技術  白鳥 陽一
企画・製作 株式会社スタジオ・エコー
総尺  78分45秒
>CDを購入する。

太宰治「ヴィヨンの妻」

飲んだくれの詩人を夫に持つ妻を語り手にして、男の異常なまでの日常を巧みに描いた作品で、昭和22年に発表された太宰の代表作の一つとされている。
エピソードとして太平洋戦争の末期から戦後に変わる庶民の生活が、作者の皮肉な眼を通して書かれているのも興味深い。

サンプルをお聞きいただけます。

サンプルを聞く

朗読  杉村 理加
原作  太宰 治
演出  香西 久
技術  日比野 祥規
企画・製作 株式会社スタジオ・エコー
総尺  70分35秒

>CDを購入する。

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」

主人公の少年ジョバンニが親友のカンパネルラと一緒に汽車に乗って、幻想の天上を旅する、云ってみれば一種の臨死体験が描かれています。そして、作品の隅々にまで賢治の広い学識、深い思想が美しい言葉で綴られています。

サンプルをお聞きいただけます。

サンプルを聞く

朗読  太田 淑子
原作  宮沢 賢治
演出  香西 久
企画・製作 株式会社スタジオ・エコー
総尺  71分10秒

>CDを購入する。

夏目漱石「夢十夜」

夏目漱石「夢十夜」

こんな夢を見た」と云う始まりで書かれた十の短編を集めたもので、如何にも漱石らしい自由な発想から一つ一つが全く違った物語になっている。「生と死」、「時間と空間」、「現実と架空」といった抽象世界が巧みな語り口で展開される。

サンプルをお聞きいただけます。

サンプルを聞く

朗読  納谷 悟朗
原作  夏目 漱石
演出  香西 久
企画・製作 株式会社スタジオ・エコー
総尺  79分40秒

>CDを購入する。

太宰治「きりぎりす」「待つ」

太宰治「きりぎりす」「待つ」

「きりぎりす」は、純粋な芸術家が次第に有名になり金持ちになっていく過程を妻の目から厳しく批判的に書いている一人称形式の物語で、女性の一途に思い込む心情が鋭く伝わって来る。

サンプルをお聞きいただけます。

サンプルを聞く

朗読  瀬能 礼子
原作  太宰 治
演出  香西 久
企画・製作 株式会社スタジオ・エコー
総尺  「きりぎりす」50分34秒
「待つ」8分39秒

>CDを購入する。

太宰治「瘤取り」「カチカチ山」

dazai1 2009年、生誕100年にあたる太宰治の異色作品。戦争末期の昭和20年、米軍の空襲の度に、人々は家の庭に掘った防空壕に待避した。そんな中で父親が子供たちにおとぎ話を聞かせる、と云う設定で書かれた作品である。

サンプルをお聞きいただけます。

サンプルを聞く

朗読  熊倉 一雄
原作  太宰 治『お伽草子』より
演出  香西 久
企画・製作 株式会社スタジオ・エコー
総尺  「前置き」2分21秒
「瘤取り」40分30秒
「カチカチ山」66分46秒
>CDを購入する。

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン