太宰治「ヴィヨンの妻」

飲んだくれの詩人を夫に持つ妻を語り手にして、男の異常なまでの日常を巧みに描いた作品で、昭和22年に発表された太宰の代表作の一つとされている。
エピソードとして太平洋戦争の末期から戦後に変わる庶民の生活が、作者の皮肉な眼を通して書かれているのも興味深い。

サンプルをお聞きいただけます。

サンプルを聞く

朗読  杉村 理加
原作  太宰 治
演出  香西 久
技術  日比野 祥規
企画・製作 株式会社スタジオ・エコー
総尺  70分35秒

>CDを購入する。

>iTunes Storeからダウンロードする。

>オトバンク オーディオブックポータル「FeBe」からダウンロードする。
【文芸・落語のカテゴリー】 に入ってます。